借金の捉え方を変える

借金があるという現実を消すことはできないのですが、普段はなるべく考えないようにしています。
いつも頭に「借金」の二文字があると、行動が制限されてしまうからです。
借金を返すために何かをやる、という行動が先行してしまうと、結果的には上手くいかなくなってしまいます。
借金は確かに大きな足かせにはなっていますが、借金を返済することをお金を寄付することだと頭を切り替えるようしています。
借金を返済するということは、ある意味やらされている感が強く、思うように収入も入ってこないような気がします。
しかし、返済を寄付と捉えることで、良いことをしていると錯覚することができるので、結果的に収入が増えていくようです。
物は考えようで、どんなに大変な時でも、自分なりの解釈で良い状態に変えていくことができます。
過去にとらわれ過ぎて、さらに未来を悲観してしまうと、上手くいくものも上手くいかなくなってしまいます。
なるべく過去も未来も明るくなるような自分なりの解釈の仕方で、お金と上手に付き合っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です