借金と収入のバランスが大事

借金と言えば、良いように聞こえませんよね。例えば住宅ローンや車のローンと言えば、悪いイメージはありません。しかし、毎月のローン返済と言う点からは同じなんです。また、カードでの支払いも、金銭的に余裕があってカードを使用する場合と、金銭的に余裕が無くてカードを使う場合では意味が異なります。借入額がトータルいくらで毎月の返済がいくらあるかを理解していなくてはいけません。住宅ローンや車のローンは支払い期間も長いので、必ず給与から先に差しいて考えるのが良いですよね。その上でいくら残っているかを考えましょう。その中で、いくらまでなら借り入れができるかを考えましょう。借入とは、別にキャッシングだけではありません。カード払いにしているショッピングです。簡単にどこでもカード支払いできますから、使い過ぎてしまいます。また、カードのポイントを意識しすぎてカードを使っていては、意味がありません。ポイントよりも自分がいくら使っているか、使えるかに意識を置きましょう。また、最近はクレジットカードを持っていない人がいないくらい財布に並んでいることが多いのです。そのため、店ごとにカードを使い分けているなんて方も多いと思います。もちろんポイントも貯まり割引もしてもらえて賢い使い方です。しかし、支払いがカードごとにきます。そうなった時に思っていたより合計額が多くなり支払いが厳しいなんてことも考えられます。そうなると賢いカードの使い方が一変してしまいます。そうならないためにも、カードはなるべくメインカードを決めて集中して使うようにしましょう。そのほうが、支払いの管理もうまくできます。また、ポイントもボーナスポイントが付いたりといいこともあります。このように、毎月の支払は、きちんと計画して自分の収支を計算して使いましょう。当然、今後収入も減ることだって考えられます。そんな時、急な出費にも対応できるように考えておかなくてもいけません。カード払いはなんの抵抗もなくできますが、借入だと認識しておくことが気持ちの引き締めにもなります。皆様使い過ぎにも気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です