借金と収入のバランスが大事

借金と言えば、良いように聞こえませんよね。例えば住宅ローンや車のローンと言えば、悪いイメージはありません。しかし、毎月のローン返済と言う点からは同じなんです。また、カードでの支払いも、金銭的に余裕があってカードを使用する場合と、金銭的に余裕が無くてカードを使う場合では意味が異なります。借入額がトータルいくらで毎月の返済がいくらあるかを理解していなくてはいけません。住宅ローンや車のローンは支払い期間も長いので、必ず給与から先に差しいて考えるのが良いですよね。その上でいくら残っているかを考えましょう。その中で、いくらまでなら借り入れができるかを考えましょう。借入とは、別にキャッシングだけではありません。カード払いにしているショッピングです。簡単にどこでもカード支払いできますから、使い過ぎてしまいます。また、カードのポイントを意識しすぎてカードを使っていては、意味がありません。ポイントよりも自分がいくら使っているか、使えるかに意識を置きましょう。また、最近はクレジットカードを持っていない人がいないくらい財布に並んでいることが多いのです。そのため、店ごとにカードを使い分けているなんて方も多いと思います。もちろんポイントも貯まり割引もしてもらえて賢い使い方です。しかし、支払いがカードごとにきます。そうなった時に思っていたより合計額が多くなり支払いが厳しいなんてことも考えられます。そうなると賢いカードの使い方が一変してしまいます。そうならないためにも、カードはなるべくメインカードを決めて集中して使うようにしましょう。そのほうが、支払いの管理もうまくできます。また、ポイントもボーナスポイントが付いたりといいこともあります。このように、毎月の支払は、きちんと計画して自分の収支を計算して使いましょう。当然、今後収入も減ることだって考えられます。そんな時、急な出費にも対応できるように考えておかなくてもいけません。カード払いはなんの抵抗もなくできますが、借入だと認識しておくことが気持ちの引き締めにもなります。皆様使い過ぎにも気をつけましょう。

借金の捉え方を変える

借金があるという現実を消すことはできないのですが、普段はなるべく考えないようにしています。
いつも頭に「借金」の二文字があると、行動が制限されてしまうからです。
借金を返すために何かをやる、という行動が先行してしまうと、結果的には上手くいかなくなってしまいます。
借金は確かに大きな足かせにはなっていますが、借金を返済することをお金を寄付することだと頭を切り替えるようしています。
借金を返済するということは、ある意味やらされている感が強く、思うように収入も入ってこないような気がします。
しかし、返済を寄付と捉えることで、良いことをしていると錯覚することができるので、結果的に収入が増えていくようです。
物は考えようで、どんなに大変な時でも、自分なりの解釈で良い状態に変えていくことができます。
過去にとらわれ過ぎて、さらに未来を悲観してしまうと、上手くいくものも上手くいかなくなってしまいます。
なるべく過去も未来も明るくなるような自分なりの解釈の仕方で、お金と上手に付き合っていきたいと思っています。

母の死によって知ることになった借金の存在

もう15年近くなりますが母が突然の病気で亡くなりました。

家の財産を整理するために通帳を探していたわたしは財産と言ってもほとんど残っていないことが想像できていながらも、葬儀費用の足しくらいにはなるかもしれない思っていました。両親は離婚しており、母は生活保護で暮らしていたのです。普段から通帳を隠していた母でしたがどこにあるかだいたい検討はついていました。

案の定あっさり見つかり通張を覗いてみるたのですが、そこには思っていたくらいの残高しかありませんでした。しかしそれよりも気になったのは、一緒に保管してあった消費者金融のカードです。借金がなければそんなものがあるはずもなく、電話で問い合わせてみることにしました。

聞くところによると50万円ほどの借金を抱えていたようで、何年も前から毎月こつこつ返済し続けていたとのことです。そこで感じたことが、大人になったわたしになぜ少しも相談してくれないのかということでした。子供に頼りたくない親の気持ちは理解できます。返済を手伝ってくれとは言いにくいでしょう。ただ、金額もそれほどでもないのですし、借金を返済している事実くらい話せる親子関係でも良かったはずなのです。

すでに亡くなってしまった母に対してもやもやとした思いを感じました。わたしって何なんだろう。親子関係ってこんなに気薄なものなのかと。

母が死ぬまで借金に気づかなかったわたしは、母の死がさらに悲しくて悔いの残る事実となりました。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !